絶対借りれる消費者金融

借入件数が多くなってしまった場合

通常、他社借入件数が4件を超えるとどの消費者金融でも審査基準に引っかかって審査に通らなくなってしまいます。貸金業法で規制貸金業法で規制されている総量規制の影響で融資に制限がかかるからです 。

そこで注目されるのが、多重債務者でも融資が可能な消費者金融です。総量規制の対象外ですし、多重債務者を専門に貸し出ししていますので、審査基準も甘く設定されていますので、通常のキャッシング会社では審査に通らない専業主婦や借入件数が4件の方でも審査に通る可能性が高くなります。

以下は大まかな借入件数とそれ対応できる融資先の図表です。

借入件数で判断

借り入れの際の審査項目

審査基準の審査項目については基本的にどの消費者金融も同じですが、運営方針によって甘めと、そうでないところが分かれています。 審査が厳しいキャッシングは、大手や銀行系列の消費者金融で、借入件数が三件以上もあればいとも簡単に落とされてしまいます。勤続年数も三年以下なら厳しいでしょう。

逆に、一番審査の甘い消費者金融は、中小の消費者金融よりも更に小規模なサラ金業者です。いわゆる「街金」と呼称される金融業者ですが、一番借りやすいのが特徴です。こういった街キンはヤミ金融ではないものの、やっていることはヤミ金融に近いものがありますが、何しろ審査が甘いので多重債務者や専業主婦にも有難い存在です。

金利は貸金業登録をしている正規の金融会社なので、法定金利内でキャッシング出来ますし、中には無利息ローンや即日融資といった金融サービスを提供しているサラ金業者もあります。こういった業者は表には現れていませんが、スポーツ新聞やweb広告で検索出来ますので、どうしてもお金を借りたいと考えているのなら、探してみて下さい。但し、あくまでも自己責任でお願いします。


新規借入を選択した方

0借入状況に応じた融資があります
金融会社一覧

金融会社によって利息が異なる

消費者金融の中でも各金融会社によって利息が異なってきます。大手の銀行系になれば、1.8%(楽天スーパーローン)といった超低金利もありますし、中小や中堅の消費者金融になれば、だいたい15%〜18%になります。上限金利が20%なのでそれ以上の金利はありません。

これほど金利の差があれば、同じ借り入れ額でも金利を含めた支払い総額は大きく異なってきます。どうせ借りるのなら少しでも金利の低い大手で借りたいものですが、大手ほど審査は厳しくなってきますので、借り入れ件数3件以上の多重債務者では、審査に通りません。大手の審査に通るのは、他社からの借り入れも少なく、年収が350万円以上のサラリーマンということになります。

多重債務者は大手で借りたいという願望は一切捨てるべきです。審査基準の甘い中堅以下のサラ金会社でしか審査には通らないのです。もちろん、そういった金融会社はネットでも申し込みなどできませんので、直接店舗の窓口へ行かなければなりませんし、毎月の支払いも窓口まで行って現金で支払わねばなりません。

違法な金融業者当サイトは

通常、金融業を営むには管轄する都道府県の認可が必要となります。認可を受けていなければ、罰則が与えられることになります。無認可への罰則は一昔前よりはるかに厳しくなっていますので、こういった無認可営業の金融業者は減ったといわれています。

しかしながら、未だに無認可の金融業者は存在しています。彼らは認可を得ていませんので、当然貸金業の法律を厳守するわけでもなく、法定金利を上回る利息を得ているわけです。

もっともこのようなヤミ金融へお金を借りに来る人は、正規の消費者金融では相手にされないような多重債務者や何かしらの訳アリの人が大半なので、当然お金を貸す側にとってもリスクが高い融資となります。したがって、そのリスクの対価として高い利息をとっても仕方がないとは思いますが、法律に違反しているのは事実です。

また、こういったリスクの高い顧客に貸し出すということは、つまり取り立てには絶対の自信があるという現れであり、もしも支払いが出来なくなったりすれば、厳しい取り立てを受けることになります。こういった業者からお金を借りるからには、ここまでの覚悟をしなければなりません。

借り入れ限度額について

消費者側は少しでも多く借りたいと思いますし、貸す側の金融会社のほうは少しでも多く貸して利息を得たいと考えています。では、消費者の希望通り多く貸せばいいと考えてしまいがちですが、金融業者としてもあまり多く貸してしまえば、貸金が焦げ付いてしまう危険がありますので、信用の低い顧客には限度額を抑えています。

しかし、最初は限度額が低くても、コツコツ利用をしてきちんと支払いを履行していれば、信用も増えてきます。そうすれば半年間程度で限度枠アップの問い合わせがくるでしょう。つまり最初は限度額10万円でも、半年後には20万円、一年後には30万円・・ このように限度額が増えてくるということです。

以下は限度額を上げる手順です。

  • 0最初は限度額は低くても契約をする。
  • 0毎月遅延がないようキチンと支払いをする。
  • 0半年程度で限度額アップの照会がくるので了承をする。
  • 0それを何度も繰り返していれば、最終的に限度額幅一杯まで借りれることになります。

新規返済債務整理


最終更新日 2019/5/15

厳選推奨サイト