クレジットオプション

クレジット・オプションとは、信用リスクを取引するデリバティブの一種です。ある将来時点において、現時点で契約した価格(権利行使 価格)で原資産を購入あるいは売却する「権利」をオプションと呼称しますが、原資産の信用リスクを対象にオプション取引を実行する場合、特にクレジット・オプションと呼称します。

例えば、金融機関が保有する債券価値が当該債券発行体の信用リスク増大によって目減りするリスクをその他の金融機関との間でクレジット・オプション取引を実行することによって、その他の金融機関へ移転するケースを考えます。

プット・オプション取引

この場合、金融機関とその他の金融機関との間で、将来金融機関が資産として保有する債券価格が、発行体の信用リスクの高まりを映じてある一定の価格(権利行使価格)を下回った場合、その他の金融機関に当該債券を権利行使価格で売却できる権利を、オプション手数料支払いの対価として得る、というプット・オプション取引が行われることになります。

金融機関は債券投資先の信用度悪化に対し事前に保険をかけた効果を持つ一方、その他の金融機関はオプション手数料といった形で新たな収益機会を得たことになります。

金融業者の選び方